令和3年マンション管理士試験問題と解説〔問 42〕

令和3年度(2021年11月実施)過去問解説
令和3年マンション管理士試験問題と解説〔問 42〕

 〔問 42〕 マンションの計画に関する次の記述のうち、適切でないものはどれか。

1 片廊下型の住棟において、住戸のプライバシーに配慮し、共用廊下を住戸か ら離して設置した。

2 片廊下型の住棟において、採光に配慮し、居室数の多い大型住戸を端部に、 居室数の少ない小型住戸を中間部に配置した。

 3 2階建ての共同住宅(メゾネット型の住戸はなく、各階の居室の床面積の合 計がそれぞれ 250 m2 )において、2階から避難階である1階に通ずる直通階 段を1つ設けた。

4 共用ゴミ置き場は、防犯の観点から、道路からの見通しが確保できる場所に 設けた。

解説)

合格へのステップ:昨年もマンションの計画が出題されています。実際のマンションを見る機会があれば、選択肢1と2は、よくあることなので、適切だとわかります。選択肢3はちょっと迷いますが、一度保留して、選択肢4は、防犯の観点から正しいことだとわかりますので、消去法で選択肢3だとわかります。

選択肢1

適切。

選択肢2

適切。

選択肢3

建築基準法令121条では、以下のように定めています。

「対象階にある居室の床面積の合計が100平方メートル(主要構造部が耐火構造、準耐火構造、または不燃材料で造られている場合は200平方メートル)を超えるものは、その階から避難階にまたは地上に通じる2以上の直通階段を設けなければならない。」

適切でない。

選択肢4

適切。

以上のことから、正解は選択肢3です。

タイトルとURLをコピーしました