令和3年マンション管理士試験問題と解説 〔問 25〕 

令和3年度(2021年11月実施)過去問解説

〔問 25〕 区分所有者の一人が、その専有部分及びこれに附属する部分につき修繕等 をする場合の手続きに関する次の記述のうち、標準管理規約によれば、適切でない ものはどれか。

1 専有部分の床のフローリング工事の申請があった場合、理事長が承認又は不 承認の決定を行うに当たっては、構造、工事の仕様、材料等により共用部分や 他の専有部分への影響が異なるので、専門的知識を有する者への確認が必要で ある。

2 理事長の承認を受けた修繕等の工事後に、当該工事により共用部分や他の専 有部分に影響を生じたときには、管理組合の責任と負担により必要な措置を講 じなければならない。

3 理事長の承認を要しない修繕等であっても、工事業者の立入りや工事の騒音 等工事の実施中における共用部分又は他の専有部分への影響について管理組合 が事前に把握する必要があるものを行おうとするときは、あらかじめ理事長に その旨を届け出なければならない。

4 専有部分の内装工事とあわせて防犯上の観点から玄関扉を交換する工事の申 請があった場合において、管理組合が計画修繕として同等の工事を速やかに実 施できないときには、申請者はあらかじめ理事長の書面による承認を受けるこ とにより、当該工事を自己の責任と負担において実施することができる。

解説)

合格へのポイント

標準管理規約の知識。標準管理規約は、規約そのものとコメント、そのコメントにいくつかの別添が続いています。別添までの自分で調べるのは、勉強以外に忙しい受験生には効率的勉強とはいいがたいでしょう。信頼できるテキストを使うことをお勧めします。

選択肢1

正しい。

標準管理規約17条1項では、理事長の書面による承認を受けなければならないことを定めています。また、17条関係のコメントの5では、専門家への確認が必要であるとしています。

選択肢2

標準管理規約17条6項では、管理組合の責任と負担ではなく、当該工事を発注した区分所有者の責任と負担により、必要な措置を取らなければならないとしています。

正しくない。

選択肢3

標準管理規約17条7項です。理事長の承認を必要としない修繕でも、届け出る必要があり工事があります。

正しい。

選択肢4

標準管理規約の別添において、専用使用権のある部分である玄関部分の工事について、「外観の統一、防犯・防音の確保 (区分所有者の意識を踏まえて 必要な場合に限り制限する)」を目的としています。

そして、制限の考え方として、

・管理組合が管理するが、区分 所有者が専用使用する。

・区分所有者の責任と負担で実 施することが合理的な工事について、取り扱いを定める。と定めています。

正しい。

以上のことから、選択肢2が正解になります。

タイトルとURLをコピーしました